最近の投稿

1

Seatec HIROSHIMAとは

海の共通の課題であるフジツボを切り口に、海をデータ化していくことで、海に関わるすべての産業をアップデートすることが私たちの主目的です。
水産業・製造業・造船業、それらをすべてを兼ね備えるのが広島であり、広島は海の課題の抽出と解決策の創出に最適な場所だと言えます。
この広島県から他では生み出せないシナジーを生み出し、私たちのプラットフォーム「Seatec HIROSHIMA」によって課題を解決し、広島を海洋テクノロジーの一番地にしていきます。

       

2

私たちの描く未来(vision)

「テクノロジーで世界中の人と海を繋ぎ持続可能な海洋産業を実現する」

私たちは海に関わるすべての産業が持続可能な産業にしたいと考えていま
す。誰でも・いつでも・どこでも、必要なデータを引き出せる海洋水産プ
ラットフォーム「Seatec HIROSHIMA」の構築を実現し、広島の海から
世界中の海洋環境をアップデートしていきます。

       

3

果たすべき使命(mission)

「海に関わる課題を形式知化し、先端技術と組合わせで解決する」

高齢化が進む日本においては、水産業の肉体作業は負荷が大きく、持続的
な事業運営は困難の度合いを深めています。 私たちは、多彩な先端技術の
積極的な活用によって水産業を労務集約型から知識集約型へとデジタルト
ランスフォーメーション(DX)を実現します。

       
   

TEAM Seatec HIROSHIMA

樗木 勇人
共同代表/COO

東京都出身


ジャーナリズムの心を宿したナショナルメーカーの事業開発担当。

市場をこよなく愛しており、出張の傍らで現地の市場から国を知るのが喜び。

年がら年中、牡蠣を食す。

初代日本フリーイノベーション協会長としても活動している。

 
今井 道夫
共同代表/CEO

広島市出身


海と山と川、豊富な環境資源に囲まれて幼少 期を過ごす。

広島名物「牡蠣」の養殖ではフジツボ問題に悩んでおり、この悩みの種は海の共通課題であることを知る。

地元産業をなくしてはならない! 「どげんかせんといかん」と立ち上がる。

ただ、牡蠣はよく焼かないと食べられない。

雅彦
取締役/CMO

北海道出身


「自分で作った船で世界一周する」という幼いころからの夢をいまだに持っている 。

靴のデザイナーをやりながら独学で海事関連の勉強を行い、海事代理士をはじめ海に関する資格を取得。

造船所、海事専門商社に勤め、現在はオーシャンエバンジェリストとして海事産業の復興に講演や執筆活動を行っている。

 

大石
CTO
大石 杏衣
CBO
岩井 隆浩
CDO
上原 和也
CFO
             
 

お問い合わせフォーム

下記フォーマットにご記入いただき、送信してください。

お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。

    会社概要

    社名
    株式会社 シーテックヒロシマ
    英名
    SeatecHIROSHIMA Ltd.
    住所
    広島県呉市阿賀南2丁目10番1号 呉サポート・コア9号室
    役員
    代表取締役 樗木勇人
    取締役   今井道夫
    取締役   守 雅彦
    設立
    2021年5月
    事業内容
    ソフトウェア・ハードウェア開発